★活動報告 6/6国土交通委員会で質問しました

国土交通委員会の一般質疑で、国土交通大臣出席の下、質問しました。

政府の公文書管理の実態がずさんですので国交省ではどうなのか質しております。

そして、地元の公共工事の質問へと。
広川・八女3号線バイパスの計画の必要性、広川3号線新代横断歩道橋の由来など、地元が声を上げなくては、国民が知らないまま、どんどん税金が使われ事業化が進んでしまいます。

今年3月には、この委員会で「我が国の主要なインフラの維持管理だけでも、今後30年間では、約195兆円(年間約6.5兆円)もの予算が必要である」と警鐘を鳴らしましたが、このことは国土交通省が試算していますので、本来はよく分かっているはずです。

必要なものは“必要”ですし、国が“新しいもの”を造ることも大切です。
しかしながら社会資本の“長寿命化対策”はもっと大きな問題なのです。

この着眼点に加え、国民の血税を使わせて頂くのだから、大切に、有意義に、そして本当に必要かどうか、立ち止まって、責任を持って事業の遂行に臨んで頂きたいのです。

本日の様子は、是非動画でもご覧下さい!

参議院審議中継
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/detail.php…

主な質問項目
●国土交通省の公文書管理について
朝日新聞記事2019.6.4参照 (見出し)「首相面談 官邸記録残さず」
●広川・八女3号線バイパスについて
●広川3号線の新代横断歩道橋について