★活動報告 6/22決算委員会で質問しました

先週(6/15)の参議院決算委員会に続き、質疑に立ちました。休会中でも、水曜日が衆議院議員、木曜日に参議院議員の委員会を夫々開く事を勝ち取っておりますが、通常国会の会期中、相次ぐコロナ関連補正予算の審議時間の増加の影響で、キャリーオーバーとなっていた決算委員会での省庁別審査(厚労省・内閣府経済再生、会計検査院、国会)に臨んだ次第です。
厚労大臣、内閣府経済再生担当大臣他に質問を行いました。冒頭、厚生労働大臣に対し、大きく二つ、伺いました。まず、一つ目は、日本では、新型コロナウイルス施策に関して、その因果関係を超過死亡者数への認識にも配っているのか?ということです。要するに、とにかくコロナ感染の診断の延長として、結果の累計死亡者数が少ない事実を強調することに政府発表は終始しているのではないか?ということです。
二つ目に、専門の技師や検出器を使わず、30分程度で新型コロナウイルスを判定する検査法がいよいよ実用化に向けて、動き出そうとしていることについてです。
通告した質問に入り、まずは、コロナ禍にあって【一般社団法人(福祉分野)への保証状況】ついて、医業を司としない一般社団法人でも、医師としっかり提携し、運営しておられるところもあると思いますので、今後の保証対象への検討をよろしくお願いしたい旨、質問に重ねて要望させていただきました。

 そして、6月いっぱいをもって終了する、【消費税ポイント還元事業】について、その効果の検証と7月からは、事実上の増税となるが、西村内閣府経済再生担当大臣の認識を伺うとともに、大臣は、6/8の記者会見で「昨年の消費税率引き上げは正しい判断だった」と発言していますので併せてこちらへの認識も問うています。 

更に、西村大臣は、新型コロナウイルス感染症対策「専門家会議」も担当し、その【議事録】についても責任があります。歴史的緊急事態宣言下で、国家的な重要会議であったはずですが、当初、議事概要しか作成、公表されていませんでした。その理由はなぜなのか。また、方向転換し、次回の会議から発言者も記載した記録を作成し、公表することを明らかにしましたが、やれば出来る旨、首長時代での経験を踏まえ進言いたしました。
現在の技術も十分活用し、全ての会議をネット中継した方がよいのではないかとも考えます。
さて、先の通常国会では、大気保線防止法も改正し、全ての【アスベスト】含有建材の取扱に、いわゆる解体工事現場での法的手段が講じられることになりました。そこで、人(労働者)の健康を守る対策について、厚生労働大臣に石綿ばく露防止対策について取組を伺っています。
最後に、こちらも先の通常国会で、下水道施設の耐震化・老朽化対策等の着実な推進については、審査措置要求決議を政府に対して行う事ができておりますが、【上水道】についても、全国の管路更新には約130 ~140年はかかるとされている憂慮すべき事態となっておりますので、厚労大臣に対し質問し、発言させて頂きました。改正水道法により可能となったコンセッション方式でも進まない水道施設の運営方式については苦言を呈させて頂きました。
今後共、引き続き全力で頑張ります!
【主な質問項目】
1.一般社団法人(福祉分野)への保証状況ついて
2.消費税ポイント還元事業についてについて
3.新型コロナウイルス感染症対策「専門家会議」議事録について
4.アスベストばく露対策について
5.水道(上水道)の現状について
 
全議事録は確定され次第、こちらでご紹介します。
 
是非、中継録画(約30分間)をご覧ください。
参議院審議中継