★活動報告 4/18国土交通委員会で質問しました

18日の午前中は国土交通委員会で質問致しました。『アイヌの人々の誇りが尊重される社会を実現するための施策の推進に関する法律案』として新法の制定です。一昨日、16日には委員会で、アイヌ文化交流センター(東京八重洲)も視察、関係者との意見交換を行っております。

今回の法案で初めてアイヌ民族を先住民族と書き込みました。振り返ると、世界的には、国連総会で「先住民族の権利に関する国連宣言」(平成19年)が採択されました。そして、平成20年には衆議院、参議院で「アイヌ民族を先住民とすることを求める決議」が全会一致で可決され、同日には当時の福田官房長官より、「総合的な施策の確立に取り組む所存」として談話が発せられ、後に有識者懇談会の立ち上げに至り、その中で、新たな立法措置の検討が進められてきた経緯があります。

この新法により、平成9年の『アイヌ文化振興法』は包括され、廃止されます。それだけに、アイヌの人々の意見を今後どのように集約し、活かして施策へと反映するのか、過去の同化政策や謝罪が必要なことを強く求め、法案の意義、差別の禁止など、質しております。

何より、市町村が「アイヌ施策推進地域計画」を策定しますが、政府におかれましては、アイヌの人々の意見を尊重し、民族として誇りを持って生活することが出来る社会を実現出来るよう、施策を推進して頂きたいと思います。尚、参議院においても全会一致で附帯決議が付されております。

参議院審議中継
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/detail.php…