野田くによしの活動

八女市星野村で桜の植林をしました

豪雨災害で大きな被害を受けた星野村。 その復興を願い「桜としだれ桜」の植樹が行われました。 2月11日の建国記念日に、雲ひとつない青空の下で美しいふるさと再生の想いをこめてスコップを握って参加しました。 一日も早い満開の桜が星野の人々に元気を与えることを祈ります。 ... (続きを読む)

国有林野の有する公益的機能の維持増進

「国有林野の有する公益的機能の維持増進を図るための国有林野の管理経営に関する法律等の一部を改正する等の法律案」が衆議院農林水産委員会で可決いたしました。 非常に長い名前の法律ですが要約すると、国有林(政府によって保護管理されている森林)に隣接する民有林(私有林と公有林)において十分な整備や保全が行われていないことから、国有林と民有林の一体的な整備と保全を図るための仕組みを創設することと、会計方法を特別会計から一般会計での実施に変えることが中心となります。 現在、供給されている木材の8割が外国から... (続きを読む)

米を原料とするバイオ燃料活用

野田国義衆議院議員の紹介により、福岡県築上町の新川久三町長から民主党要請対応本部に対し、「米を原料とするバイオ燃料による過疎地域活性化事業」の提案が行われました。 バイオエタノールの利用拡大には、E3(バイオエタノールを3%混合したガソリン)の販売義務づけが前提として、バイオエタノールの免税措置の継続や、輸入バイオエタノールにも適用されている免税措置を国内産業振興のために、国産バイオエタノールに限定すべきだと訴えました。 「過疎地域」における米のバイオ燃料化は、米をバイオマス燃料として活用するこ... (続きを読む)

新知事上京

4月15日、福岡県知事に当選した小川洋氏が上京し、当選の挨拶回りを行いました。 国会内での民主党岡田幹事長への挨拶には、野田国義福岡県連代表と福岡県選出国会議員も同席し、東日本大震災への対応やエネルギー対策などが話し合われました。 また、震災地から離れている九州地区においても観光客が激減しており、国と県が一致協力して安全性のアピールと、経済の活性化を進めることが必要だとの認識で一致しました。 ... (続きを読む)