☆国政レポート 2019年 早春号 立憲民主 号外

人・くらし・地方が原点。

参議院議員
野田 国義(のだ くによし)

【福岡県選挙区】



 主な内容 

  • リード まっとうな政治を取り戻す!!
  • 草の根からの民主主義

PDF版は、こちらから。国政レポート 早春号 立憲民主 号外 


 

野田くによし氏 福岡県選挙区
参院選公認候補予定者に!
まっとうな政治を取り戻す!!

 

 国政では、“一強他弱”の状態が長期化し、安倍政治の横暴によって、強引な政権運営での不十分な審議や不祥事の多発、さらに隠ぺいまでもが、平気でまかり通っています。
 一方、経済においても、今年1月の時点で〈戦後最長〉となった高景気の恩恵は、はたして国民一人一人に享受されているのでしょうか。アベノミクスによって、暮らしぶりは本当に豊かになっているのでしょうか、大変疑問に思います。 
 これらを打破するため、いよいよ立憲民主党は、今夏の第25回参議院議員選挙・『福岡県選挙区』候補予定者に野田国義氏を指名しました。本紙面にて、その政策や活動ぶりを紹介します。

 


偽りの政治をチェンジ!


草の根からの民主主義

◯人への投資

くらしの安心こそが社会の好循環

政旧来の公共事業中心の政策から、人への投資に政策を誘導し、「子育て・しごと・くらし」を持続可能で安心な社会保障制度の下で充実させたいと考えます。安定した年金が見込まれ、医療・介護・教育などが連携することによって、地域包括ケアシステムを拡充し、地域の「支え合いを支える」仕組みと「くらしの安心」を構築します。

“☆国政レポート 2019年 早春号 立憲民主 号外” の続きを読む

★活動報告 2/6予算委員会で質問しました

予算委員会で質疑に立ちました。朝からNHKの生中継も入りましたが、前出の質疑者への政府答弁、閣僚答弁が不十分で、約1時間半くらいは遅れたのではないでしょうか。 安倍総理が出席しておりますので、まずはリーダーシップ論、憲法改正を、そして昨年、わずかな審議で廃止された「種子法」による国内の影響を質しました。 最も、政府の統計不正に関しては、官僚の過ちはどこまでなのか。そこに政治の圧力はなかったのか。国民の景況感は政府に伝わっているのかも質しております。 さらには、約5年間で9兆円も予算を要してい... (続きを読む)

◎質問情報 2/6予算委員会で質問します

2月6日(水)参議院予算委員会で質問します。 予定時刻 13:16~14:06 頃まで。 内容は、平成30年度第2次補正予算の審査ですが、 国政の諸課題について、 総理大臣をはじめ、各担当大臣に質問致します。 NHKのTV中継、 インターネット中継もございますのでぜひご覧下さい。 (参議院インターネット審議中継)http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php ... (続きを読む)