NEWS


【国会報告】4/1決算委員会で質問しました

NHKのTV・ラジオの生中継も入り、決算委員会で質疑に立ちました。この決算委員会では、理事を務めております。“決算を重視する参議院”として、総理をはじめ全閣僚出席の下、平成30年度国の一般会計・特別別会計等の実績チェック(決算審議)が議事の基本テーマです。

しかしながら、国家・国民にとって取り組むべき喫緊の課題も十分に審議の対象となります。
したがいまして、新型コロナウイルス対策、森友学園問題、といった重要案件を取り上げ訴えさせていただきました。

 

安倍総理は、「国難突破解散」と称して、平成29年秋、衆議院解散総選挙をおこないました。このとき総理が称した「国難」は核実験やミサイル発射を繰り返す“北朝鮮の脅威”と、恒常的に横たわる問題である“少子高齢化”対策です。このような背景のもとで平成30年度予算は編成されました。そして、現在は、新型ウイルスによる大変な“国難”がふりかかっております。なんとしても克服し、乗り越えて行かねばなりません。

ともすれば日常生活に閉塞感が漂ってしまいます。寄せられる生活・健康面での不安の声、不透明な景気・経済の見通し、地元の状況、全国各地の状況。質疑を通して、総理を中心に各大臣及び政府参考人に訴え、PCR検査体制強化など対策を求めております。

例えば、私の質問『緊急事態宣言を出すなら、やはり補償とセットでなくてはならない』との問いかけに、安倍総理からは「個別の損失に対して、補償するということは困難です」「何とか雇用を持続しながら事業を継続できるような支援をしっかりと行いたい」と緊急事態宣言については触れませんでしたが、緊急経済対策で支援する旨の答弁がありました。

全議事録は確定され次第、こちらでご紹介します。

今後共、引き続き全力で頑張ります!

是非、中継録画(約40分間)をご覧ください。

【主な質問項目】
1.新型コロナウイルス対策について
 イ.日本経済(観光分野:宿泊・国内外旅行業、インバウンドを含む)に及ぼす影響と対策について 
 ロ.国内の景気動向、消費税の見直しについて 
 ハ.「歴史的緊急事態」指定・緊急事態宣言について 
 二.PCR検査体制・マスク、消毒液供給・病床、人工呼吸器確保等について
 ホ.GPIFについて 
  
2.森友学園公文書改ざん問題について

 イ.赤木さんの手記について 
 ロ.赤木さんの労災認定について 
 ハ.財務省内の再調査について 
 二.公益者保護法改正について 

立憲民主党の広報記事

参議院審議中継
https://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/detail.php…

 


新着情報