• TOP  >  
  • 活動報告  >  
  • 長妻昭代表代行をお迎えして「国政報告会」を開催。

長妻昭代表代行をお迎えして「国政報告会」を開催。

2015年02月11日

1

 建国記念日の2月11日、党本部代表代行の長妻昭衆員が来県し、九州北部豪雨災害で被害に見舞われた八女市笠原地区の災害復旧現場を野田国義参員と共に視察をおこないました。

 国民の生命・財産を守るのが国、行政の役割であり、1日も早い復興と、再度災害に備え万全を期すため、国政においても全力で取り組んでまいりたいと思います。改めて、国の責務の重要性を痛感する次第です。

 
 

1-1

 

1

 

 引き続き、長妻代行は八女市黒木町と矢部村で行った、『野田くによし国政報告会・野田としこさんを励ます会』の会場に特別ゲストとして登場し、「一致結束し、党は生まれ変わる努力をしている」と語り、失われた年金記録問題では「約1,000万人以上、2兆円もの記録を取り戻せた」などの実績を訴えました。

 
 

1 また、拡大する格差問題について「若い人の能力をつぶすような政策をおこなっておいて経済成長ができるのか」など、政権への批判を展開しました。

 そして近づく統一自治体選挙においては、「福岡県政においても、まだまだ女性の活躍は少ないので是非頑張ってもらいたい」と八女・広川地区から出馬予定の野田稔子を激励していただきました。

 

 

ページ上部へ