• TOP  >  
  • 活動報告  >  
  • 民主党花き産業振興議員連盟を開催

民主党花き産業振興議員連盟を開催

2015年04月15日

0-fg

4月15日、私が事務局長を務めている『民主党花き産業振興議員連盟(羽田雄一郎会長)』総会を開催いたしました。

 

花き6団体の皆様にもご出席頂き、農林水産省から「花き産業及び花き文化の振興に関する基本方針について」「平成27年度予算の状況」の説明を伺った後、闊達な意見交換を行いました。

 

また、「国会こそ花でいっぱいにしよう!」と『国会花いっぱい運動』をスタートする旨、大島幹事長より説明があり、既に、10名以上の国会議員が賛同、現在この計画は順調に進んでおります。

3-fg

 
 

花きをめぐる法整備についてでありますが、昨年、『花きの振興に関する法律』が制定されたところであります。これに対しまして、全国花き振興協議会6団体の役員の皆様より、「本年を花き振興の元年として、生産基盤の安定化を図りたい」など、力強いご発言を頂きました。

 

しかし同時に、花き生産農家の大変厳しい現状もお話しいただきました。何と致しましても、法の理念に即し、国産花きの生産・供給体制の強化、輸出や需要拡大の取組を推進することが必要であるということで、民主党花き産業振興議連の総意をもって尽力して参ることをお約束しました。

4-fg
 

尚、農林水産省の掲げる、政策目標では、○国産花きの産出の拡大や、○花き輸出額の増大の計画などが掲げられております。前者の額、3,761億円(平成24年)を5,000億円(平成32年)に、後者の額、96億円(平成25年)を150億円に増やす大変大きな目標です。

 
 

さらに、省の事業として、国産花きシェア奪還・輸出拡大を支える研究開発事業(委託プロジェクト研究 予算額:約1.1億円)にて、花き生産、栽培施設の環境への技術開発・改良を行うなどの新規計画も今年から始まります。

 

こちらも、予算の有効な使用と、何より、花き産業にとって有益なものとなるよう、しっかり支援と精査をおこなって参る所存です

 

fg-1

ページ上部へ