• TOP  >  
  • 活動報告  >  
  • 本会議で反対討論に立ちました! 平成28年度予算案

本会議で反対討論に立ちました! 平成28年度予算案

2016年03月29日

3月29日 、参議院本会議において、「平成28年度当初予算案」に対し、会派を代表して反対討論をおこないました。

DSC_0049 - コピー

 

アベノミクスの旧・3本の矢が打ち出されてから、はや3年以上が経過しましたが、その成果は大きな疑問を呈さざるを得ません。

 

まず、第1の矢である金融緩和を続けても、物価上昇率はいまだ目標の2%には遠く及ばず、第2の矢である財政出動は、一時的に需要を拡大するのみで、むしろ不要不急な公共事業の温存といった弊害をもたらしています。第3の矢である成長戦略に至っては、具体性や実効性に乏しく、昨年10月から12月期の実質成長率は再びマイナスに陥るなど、成長力向上の兆しは全く見られません。

 

その上、実質賃金は平成24年以降、4年連続で減少しており、さらに、平成26年4月におこなった、5%から8%への消費税の増税により、あきらかに国民の消費は落ち込み、我が国の景気回復は遅れております。

 

これらのことからアベノミクスは事実上、既に失敗に終わったのではないでしょうか。

 

今こそ『入るを量りて、出ずるを制す』 財政の基本的な心構えが必要です!

 

DSC_5422

 

反対の第1の理由は、格差拡大を放置した予算である点です。

反対の第2の理由は、新たな3本の矢である政府目標と、実現のための手段が具体性を欠き、掛け声倒れになっている点です。

反対の第3の理由は、政府が国民との約束を反故にしている点です。

反対の第4の理由は、財政規律を軽視した予算となっている点です。

 

子ども、教育、雇用、男女間に、分厚く高い格差の壁がそびえ立っています。

 

私たちは、一人ひとりがかけがえのない個人として尊重され、多様性を認めつつ互いに支え合い、すべての人に居場所と出番がある、強くてしなやかな共に生きる社会をつくることをお誓い申し上げます。

 

□会議の様子は、参議院のインターネット中継でご覧いただけます。

⇒ 「参議院インターネット審議中継」

ページ上部へ