• TOP  >  
  • 活動報告  >  
  • 大塚耕平政審会長をお迎えして 「新春講演会」を開催

大塚耕平政審会長をお迎えして 「新春講演会」を開催

2016年02月06日

3

2

 

2月6日、「野田くによし新春講演会」が開催されました。

当日の会場は約800名の皆さまと共に、県内各地より、後援会の皆様、団体関係者、各議員の皆様にお越し頂きました。ご来賓としまして、高島善信・連合福岡会長、原竹岩海・福岡県議会副議長よりご挨拶を頂きました。

4
また、昨年4月に初当選した野田稔子県議もお礼を述べられ、まもなく一年を迎え、県政での質問には、日々の活動や皆様の意見が大変重要であること、今後とも八女、広川のため、福岡県民のため精力的に活動を続けていくことなどを訴えられました。
今回の特別ゲストには、民主党政審会長 参議院議員 大塚耕平先生をお招きし、ご講演頂きました。大塚政審会長は、我々が実現すべき政策スタンスは、①全世代型の社会保障政策、②偏らない経済産業政策、③慎重で冷静な外交安保政策を遂行することであると訴え、新旧の三本の矢の行き詰まりを、GDPや財政赤字の推移等を交え解析されました。加えて、世界の中での日本経済や、シリアを巡る国際情勢をご講演頂きました。

5今夏に行われる参議院議員選挙の候補予定者である、元FBSアナウンサー・古賀ゆきひと氏も来場し、さらなる発展の可能性を秘めた福岡を「世界の福岡」にするため、活動への理解を力強く訴えました。
国民不在の国会軽視!地方の切り捨て!権力の暴走を許すことはできません。

ひと・暮らし・地方が原点を見つめ、今後ともあらゆる政治の諸課題に取り組んで参る所存です。

 

ページ上部へ