• TOP  >  
  • 活動報告  >  
  • 参議院本会議 代表質問
    『地方創生2法案 魅力ある地方の再生が喫緊の課題』 政府の本気度を質す。

参議院本会議 代表質問
『地方創生2法案 魅力ある地方の再生が喫緊の課題』 政府の本気度を質す。

2015年06月03日

この度、平成27年6月3日、参議院本会議において、〈地方創生2法案〉、「地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律案」と「地域再生法の一部を改正する法律案」について、民主党を代表して質問致しました。

その一端をご報告させて頂きます。

2質問に先立ち、安倍内閣が、去る5月15日、国会に提出した集団的自衛権の行使容認を含む“安全保障関連法案”について、衆議院特別委員会の審議状況を踏まえて、“撤回するべき”旨、強く申し上げました。
 

我が党は、安全保障法制については

平和主義の下、『専守防衛に徹し、近くは現実的に、

遠くは抑制的に、人道支援は積極的に』との方針の下、法整備を行っていくべきとしておりますので、

一連の政権運営は、“国民不在の国会軽視”であり、絶対に認められません!

 

1今回の“地方創生2法”の審議においても、〈地域の活性化を推進〉し、〈地域住民の暮らしを守る〉上で、大変重要な法案となっておりますので、政府は、しっかりと説明責任を果たし、十分な国会審議が行われるよう指摘致しております。

 

今後とも、国政に於いてあらゆる政治課題に対しまして、全力を尽くしてまいりますので、引き続きの御指導を何卒よろしくお願い申し上げます。

 

  •  ■主な質問項目
  •  <財政健全化関連> 政府の取組姿勢、目標の実現可能性
  •  <地方創生関連> 「幸福度」の現状認識等と人口減少社会のポジティブな側面
  •  <地方の活性化について> 過去の政府の取組についての評価、今後に向けた課題
  •  <農地転用について> 第5次地方分権一括法案関連
  •  <集約化への住民説明と対応・首都機能の移転について> 地域再生法改正案関連

 

●本会議の様子は、参議院のインターネット中継でご覧いただけます。

 ⇒「参議院インターネット審議中継

 

ページ上部へ