• TOP  >  
  • 活動報告  >  
  • 災害対策特別委員会 一般質問
    『口永良部島新岳噴火について』質問いたしました。

災害対策特別委員会 一般質問
『口永良部島新岳噴火について』質問いたしました。

2015年06月17日

17日、筆頭理事として、所属する災害対策特別委員会で政府に対して質問を行いました。

 

今国会では、御嶽山の噴火の教訓と火山防災対策の特殊性等を踏まえ、活動火山対策の強化を図るため、火山地域の関係者が一体となって、警戒や避難体制の整備等を講じるため、『活動火山対策特別措置法の一部を改正する法律案』も審議致します。

 

0617-2質問にあたり、5月29日に噴火した、鹿児島県口永良部島新岳へ党を代表して視察して参りました。それら踏まえて、島民の方々の「安全と安心な暮らし」の一日も早い復旧を願い、幅広い観点で政府に質問させていただきました。

 

はじめに、我が国全体の問題として〈気象庁の火山情報の提供に対する現状認識〉について伺いました。政府側の答弁では、〈火山情報の見直し強化〉と〈地元自治体等との連携の強化〉を打ち出すとしておりますが、活火山を110も抱える我が国としては、「火山に対する総合的な機関が必要ではないか」、「もっと研究者を育成するべきではないか」と、〈人的充足〉〈教育的充実〉をしっかりと図るべきであると訴えさせて頂きました。そもそもこの点は、以前から国会質疑を通して申し上げております。

 

火山噴火予知連絡会(6月15日)の報告によれば、口永良部島新岳の再噴火の可能性が指摘されています。なればこそ、〈観測体制の強化〉を一層訴えさせて頂きました。

 

視察の際お会いさせて頂きました、避難されている島民の方々からは、「とにかく帰りたい」とのお声を沢山お伺いしています。長期化も懸念されています。だからこそ、国としては、お一人お一人の健康管理、メンタルケア、仕事、学校など、万全な体制で支援を行わなければなりません。当然、島に残されている家畜やペットの状況も心配ですので、政府に状況を伺い、更なる支援を要請した次第です。

 

何よりも、「島民をつないでいる〈コミュニティ〉を大切にしたい」と、屋久島の荒木町長のお言葉も披露させて頂き、苦しい現場で力強く頑張っておらえる現地の状況をお伝えさせていただいております。

0617今回の噴火にあたり、〈避難場所〉として利用した施設についても質問致し、公共事業として改修工事が行われていた最中であって、島民から寄せられた声ともあわせて、昨年、地域防災計画の中で、以前の場所から変更しておいたとのことですが、是非とも災害に強い島をつくって頂くためにも、一刻も早い工事の再開を望んでおります。

加えまして、漁港の整備工事再開や、島の農業、漁業、観光業など大切な働く場所の再開も大変心配されますので、政府へ重ねて要請しております。

 

周辺の〈風評被害対策〉〈経済対策〉についても万全を期していただくためにも質問致し、政府からは「屋久島は、口永良部島から12キロの距離にあって、観光客の方々に安全である旨、しっかりと正しい情報を発信して参りたい」との回答を導いております。

 

一日も早く安全安心な暮らしをとりもどすため、今後とも国会活動を通して、私自身も出来うる限り精一杯尽力させて頂く所存です。

ページ上部へ