• TOP  >  
  • 活動報告  >  
  • 『災害対策特別委員会』で質問に立ちました。

『災害対策特別委員会』で質問に立ちました。

2015年03月31日

連日、国会での質問が続いております。

3月31日、26年度の末日、災害対策特別委員会の質問に立ちました。

 

2-1

この災害特別委員会では、3月5日に委員派遣を行い、所属委員会理事8名で、熊本県の阿蘇山周辺地域における火山防災対策等に関する実情を調査しております。

調査の際、阿蘇山上広場の避難豪は既に50数年前に建てられ、随分と老朽化し、一面が降灰で覆われている現状を思い浮かべ、その際にお受けした、熊本県をはじめとする各自治体、並びに、地元の方々からのご要望をもとに質問を行いました。

 

改めて、地元の声をお聞きしまして、阿蘇山の噴火・降灰対策を始めとする、火山対策への取組について、その重要性を実感しております。

昨年11月の臨時国会、この委員会で行った、災害対策基本法改正案の質疑に引き続き、登山者や行楽客の安全確保のために、少なくとも常時監視火山にはシェルターを設置することについて再質問を行い、国として、自治体への更なる財政支援等が必要ではないかと訴えました。

2-2
特に、我が国は、世界有数の火山国でありますが、過去に何度も火山災害に見舞われているにもかかわらず、国内の火山観測や研究体制は万全とは言い難いのではないかと言えます。

この点において、火山研究者の育成や、火山研究機関の一本化、そして研究所の創設にまで踏み込んで頂きたいと、防災担当大臣へ申し上げた次第です。

 

今国会では、活動火山法改正(案)も提出される予定ですので、引き続き国民生活の安心安全のため、気を引き締めて、全力で諸課題に取り組んでまいります。

 

 

-主な質問項目-

   ★火山噴火関係として

    ○御嶽山の噴火による行方不明者の捜索再開の見通し、政府の対応について

    ○委員派遣での地元の要望等についての政府の認識について

     ・防災営農施設整備計画の策定や、児童や学校に対する充実した支援等について

 

   ★御嶽山噴火を踏まえた今後の火山防災対策の推進について(報告)の概要について

   ★シェルター等の整備促進について

   ★火山研究者の人材確保・育成について

   ★防災拠点となる公共施設等の耐震化、並びに国・地方の責務について

   ★災害拠点病院の浸水対策・耐震化について

 

 

●災害対策特別委員会の様子は参議院のインターネット中継でご覧いただけます。
⇒「参議院インターネット審議中継

 

 

ページ上部へ