• TOP  >  
  • 活動報告  >  
  • 「国の統治機構に関する調査会」において質問

「国の統治機構に関する調査会」において質問

2016年02月10日

2月10日、筆頭理事を努めている「国の統治機構に関する調査会」において、飯尾潤・政策研究大学院大学教授、勝山教子・同志社大学法学部教授のお二人の参考人に対して質問を行いました。議題は「二院制議会における今日の参議院の役割(立法及び行政監視の活性化への視点」についてです。
IMG_7457
冒頭、衆議院議員であった経験より、常在戦場を常に意識している環境におかれていた事を申し述べさせて頂きました。

 

続けて、選挙の結果によっては“ねじれ国会”を経験し、現在は“一強多弱”の状況におかれ、あたかも国会運営上は何事もなく立法手続きが進んでいるのではないかという思いを込めて、政策より政局が中心であるとまで言われてしまう、ねじれの感想とその解決法についてお二人にお伺いしました。

これに対し飯尾参考人からは、「ねじれということになると、やはり数の論理が出てくると」切り出し、「与野党とも参議院議員として、共通の立場で慎重に審議を求める」、「やはり国民にとっては安心感を与え、(中略)権限の削減、それと独自の優越する分野のバランスだと申し上げましたが、まさにこの両方の場合についてもこのバランスということが言えるんじゃないかというのが私の考えでございます。」(発言抜粋)とお応えになりました。

 

勝山参考人からは、「国会の審議の仕方を変えることによって政党の対決色というのを薄めていって、合意するところは野党側もこの法案に合意するんだというような、そういうやり方もあるんではないか」、「委員会であれば、委員の間で自由討議を行っていって、政党の観点から離れた形で法案の内容を精査していくことによって、また政党対立とは別の結論に持っていくということもあり得るんではないかなと思いまして、そういうことも一つの方策かと思っております。」とお応えになりました。

 

さらに質問を続け、1点目として、衆参の役割分担を考える上で、選出方法(選挙)の抜本的な改革についてお伺いするとともに、2点目は、与党になると行政や国会の執行部として、国会答弁などでは衆議院と同じようなことを二回参議院でも繰り返さなくてはならず、時間の束縛を受ける現状について、その解決策などをお伺いしました。

 

1点目に関して、飯尾参考人からは、「選出のやり方から入るのではなくて、権限に合わせてということだと思います。」と切り出され、「まず権限の方を解決して、その次に、じゃ、選挙制度を選ぶ自由度が広がったら、そうすると衆議院とは違うようなタイプの選挙制度を選ばれるというのがいいのではないか」と述べられ、2点目に関して、閣僚の頻繁な国会出席は、戦後アメリカ流の委員会中心となった日本の国会はまれであると指摘し、選挙のたびに大臣追及するという機会を放棄されるということと裏腹ではるが、「参議院は、それはもういいから自分たちで議員間の討論をするよということはあり得るかなと。そういうことにするとやはり随分合理化してくるということです。」とお応え下さいました。

 

同じく勝山参考人は、「憲法上の規定がありつつ実際の権限をどう変えていくかというのはなかなか難しいところで、最終的には憲法改正に行き着くのかなというようなところも考えざるを得ないかもしれません。」と一点目について述べられ、フランスの例を紹介するなどし、「大臣が忙しいのは、日本の国会運営の仕方が立法の活動と統制活動のこの二つの区別がやはりうまくいっていないから、なかなか区別をしていないからなんだと思います。常に法案審議の中で大臣が質疑でずっと出席していなければならないと。これが諸外国とは全く異なるところであります。」と、2点目についてお応え頂きました。

 

●会議の様子は、参議院のインターネット中継でご覧いただけます。

⇒「参議院インターネット審議中継

(再生時間1:03より発言)

ページ上部へ