• TOP  >  
  • ブログアーカイブ

活動報告

3月13日(木)午後『国土交通委員会』で質問に立ちます。

2014年03月11日

 
3月13日(木)午後から『国土交通委員会』において
大臣所信に対する質問に立ちます。

 
以下の3点について大臣に質問を行います。
 1.北陸新幹線の談合問題に関して
 2.入札不調問題に関して
 3.社会資本の老朽化対策に関して

 

 

 

なお、国土交通委員会の様子は、
参議院のインターネット中継でご覧いただけます。

 

「参議院 インターネット審議中継」

http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

 

 

政府『地方制度調査会』委員に選任されました。

2014年03月07日

 3月7日の参議院本会議に於いて議長推薦によって、内閣府に設置されている『地方制度調査会』委員に選任されました。
地方制度調査会は、地方制度調査会設置法によって内閣府に設置されていて、地方税財政・地方行政改革・地方分権など地方制度に関する重要事項を調査審議し政府に対して助言をする審議会です。

国会議員・首長・学識経験者から定員30人以内の委員が任命されています。議員は16年間の市長経験を通し地方行政に取り組んできた実績を基に議長から推薦され本会議で採決されました。任期は2年ですが、16年間の市長時代に“人づくり・街づくり”の理念のもと取り組んできた行財政改革・情報公開など、地方の実情とあるべき姿を訴えていきたいと考えています。

 

3月14日(金)10:44から『予算委員会』で質問に立ちます。

2014年03月06日

 
 
3月14日(金)10:44から『予算委員会』で
54分間の質問に立ちます。

 
 
 ・集中審議
  テーマ「経済財政・行政改革・歴史認識」

 
 
 

鋭く安倍総理に迫る覚悟です!
 
尚、テレビ中継となりますので多くの皆様に
御覧頂きたいと思います。

 
 
 
 
 

9:00よりNHKでTV中継

TV

野田前総理をお迎えして3月8日(土)「新春の集い」を福岡県広川町で開催いたします!

2014年02月26日

 

3月8日(土)福岡県広川町に於いて
前総理大臣 野田佳彦先生をお迎えして
野田くによし「新春の集い」”を、開催いたします。

 
ふるって御参加いただきますよう、お願い申し上げます。
 
 
 日時: 平成26年3月8日(土) 16時
 
 会場: 「広川町産業展示会館」

     福岡県八女郡広川町大字日吉1164番地6
 
 講演: 前内閣総理大臣 衆議院議員 野田佳彦 先生

 
140226野田先生122
 
 
 会費: 1000円
       ※この催し物は政治資金規正法第8条の2に規定するパーティーです。
 
 
    ※お問い合わせは、野田くによし筑後事務所
     (電話:0943‐24‐4630)までお願い致します。

2月23日(日) “野田くによし「新春の集い」”を開催いたします!

2014年02月18日

 

2月23日(日)地元八女市に於いて
野田くによし「新春の集い」”を、ゲストに桜井充民主党政策調査会長をお迎えして開催いたします。
 
ふるって御参加いただきますよう、お願い申し上げます。
 
 
 日時: 平成26年2月23日(日) 15時
 

 会場: メモリアルホール「いわ井」
     福岡県八女市津江599 電話:0943-23-2222
 
 講演: 民主党政策調査会長 参議院議員 桜井充 先生
 

桜井充顔写真

 
 

※お問い合わせは、
 野田くによし筑後事務所(電話:0943‐24‐4630)までお願い致します。
 

地元 八女の“町家”をテーマにした映画『まちや紳士録』が
3月21日まで都内で上映中!

2014年02月13日

 

映画『まちや紳士録』(伊藤有紀監督)をプロデュースされた川井田博幸さん

地元 福岡県八女市の“町家”を舞台としたドキュメント映画のご案内で会館を訪ねて来られました。

“町家”とは商人や職人が業を営むために表通りに面して軒を連ねた住居のことです。

この映画は、全国で失われつつある伝統ある景観を保存・継承している八女市福島地区の愛情あふれる人々を描いている感動のドキュメントです。
 八女市福島地区の町並み文化の取り組みは、議員が市長時代の平成7年から「街並み環境整備事業」としてスタートさせ、市民の皆様の熱意によって平成14年に国の「重要伝統的建造物群保存地区(重伝建地区)」に全国61番目の選定を受けることが出来ました。
当事者として携わってきただけに映画の上映を大変喜んでいます。

 

東京は3月1日から3月21日まで渋谷の[シアター・イメージフォーラム]で公開されています。

皆さんで是非ご覧ください!

 

まちや紳士録1

 

まちや紳士録2

議院運営委員会に於いて2月4日(火)質問に立ちます

2014年02月03日

 

 

 

2月4日(火)の議院運営委員会において15時20分から
 

質問に立ちます。

 

 

 

 

・案件  「人事官(人事院総裁)の任命同意に関する件」

 

 

 

第186回通常国会が1月24日 開会しました。

2014年01月24日

 

第186回通常国会が本日1月24日 開会しました。
会期は6月22日までの150日間です。

 

所属委員会は臨時国会に引き続き議院運営委員会・国土交通委員会・災害対策特別委員会です。

 

国民の「いのち・雇用・暮らし」を守るため、
全力で論戦に臨んで参ります!

 

 

 

140203議事堂写真

『国政レポート新年特別号』を作成致しました。

2014年01月01日

 

 

国政レポート‐新年特別号

 ●『国政レポート新年特別号』を作成致しました。

  ↑全紙面(4ページ)はこちらからご覧いただけます。

平成26年度政府予算案について

2013年12月26日

 

予算額

伸び率(%)

歳出(支出)

社会保障関係費

30兆5,175億円

4.8

文教及び科学振興費

5兆4,421億円

1.4

(うち科学技術振興費)

1兆3,372億円

2.8

恩給関係費

4,443億円

▼ 11.9

地方交付税交付金等

16兆1,424億円

▼ 1.5

防衛関係費

4兆8,848億円

2.8

公共事業関係費

5兆9,685億円

12.9

経済協力費

5,098億円

▼ 1.0

中小企業対策費

1,853億円

2.3

エネルギー対策費

9,642億円

13.5

食料安定供給関係費

1兆0507億円

▼0.3

その他事項経費

6兆1,526億円

2.7

予備費

3,500億円

国債費(借金の返済)

23兆2,702億円

4.6

合計

95兆8,823億円

3.5

歳入(収入)

税収

50兆0010億円

16.0

その他収入

4兆6,313億円

14.3

新たな国債発行による借金

41兆2,500億円

▼ 3.7

合計

95兆8,823億円

3.5

(伸び率は13年度当初予算比、▼はマイナス、-は同額。端数切り捨てのため総額は合わないこともある)

 

―― 問 題 点 ――

 

1、消費税引き上げによる税収増が4.5兆円あるにもかかわらず国債発行減額は1.6兆円(▼3.7%)にとどまっていて財政再建を無視したバラマキ予算である。

 

1、消費税増税の対策も車への課税や低所得世帯への給付も1年限り、のおざなりであり、一部の黒字大企業だけが恩恵を受ける復興法人特別税の前倒し廃止の一方で個人所得税は増税のまま。大企業に優しく生活者に冷淡な予算である。

 

1、公共事業は大盤振舞(対前年比12.9%増)で「消費税収は社会保障以外に一銭も使わない」という約束は反故。消費増税増収分は国ベースで4.5兆円だが、社会保障の充実にはたったの2200億円。公共事業のための予算と増税である。

 

1、高齢者医療費の負担を1割から2割など社会保障に加えて教育も農業も切り捨て。農業の戸別所得補償に係る予算を大幅に減額し、高校無償化に所得制限を導入するなど、国民生活の不安は高まるばかりである。食料自給率の向上や人材育成を軽視する予算である。

 

以上の様に、金融政策、財政政策に過度に依存する安倍政権の経済政策は将来へのリスクを一層高めるばかりであり、予算編成、税制改正全般において、大企業に優しく、家計に厳しい内容となっており、国民生活や経済にとっても悪影響が懸念されます。年明けの通常国会に於いて26年度予算・税制など安倍内閣の問題点を厳しく質していく所存です!

 

 

 

臨時国会で成立した法律及び平成26年度税制について

2013年12月20日

第185回臨時国会に於いて

成立した法律・条約と継続審議となった主な法案・条約は下記の通りです。

成立

■内閣提出法

〈 内閣官房 〉・日本版NSC法 ・特定秘密保護法 ・国家戦略特区法

〈総 務 省〉・国家公務員の配偶者同行休業法 ・改正地方公務員法

〈法 務 省〉・改正民法 ・自動車運転死傷行為処罰法

       ・裁判官の配偶者同行休業法

〈財 務 省〉・特別会計改革法

〈文部科学省〉・改正高校無償化法

〈厚生労働省〉・改正薬事法・薬剤師法 ・再生医療安全性確保法 ・改正薬事法

       ・社会保障改革プログラム法 ・改正生活保護法

       ・生活困窮者自立支援法

〈農林水産省〉・農林漁業での再生可能エネルギー発電促進法

       ・農地中間管理機構法・改正農業経営基盤強化促進法

〈経済産業省〉・産業競争力強化法 ・改正電気事業法

〈国土交通省〉・日本船舶警備特措法 ・交通政策基本法

〈環 境 省〉・独立行政法人原子力安全基盤機構を廃止して

                    原子力規制庁と統合する法

〈防 衛 省〉・改正自衛隊法

〈 消費者庁 〉 ・消費者裁判手続き特例法

〈公正取引委員会〉・改正独占禁止法

■議員立法

・タクシー事業適正化・活性化特措法改正案 ・国土強靱化基本法
・南海トラフ巨大地震対策特措法 ・アルコール健康障害対策基本法
・改正研究開発力強化法 ・改正公職選挙法 ・改正中国残留邦人支援法
・がん登録推進法 ・原子力損害賠償請求権時効特例法 ・首都直下地震対策特措法
・消防団地域防災力強化法 ・国会職員の配偶者同行休業法

■条約

・日パプアニューギニア投資協定 ・日コロンビア投資協定 ・日クウェート投資協定
・日中韓投資協定 ・日イラク投資協定 ・万国郵便連合一般規則及び万国郵便条約
・郵便送金業務約定 ・政府調達協定改正議定書 ・日印社会保障協定
・日ハンガリー社会保障協定 ・障害者権利条約

継続審議となった主な法案及び条約

■法案

・国家公務員制度改革関連法案 ・会社法改正案 ・テロ資金提供罰則改正案

■条約

・日トルコ原子力協定

 

平成26年度税制大綱を与党は12月12日に決定しましたが

問題点と民主党の提案は以下の通りです。

○来年年4月1日から消費税が8%に引上げられる。国民生活や経済への影響を緩和するための対策は必須。しかし、与党は、逆進性対策を先送り自動車を実質増税し、一部黒字法人のみ復興増税を廃止といった、問題点だらけの26年度税制改正大綱を決定した。

<問題点>

【逆進性対策】

○逆進性対策については軽減税率導入という旗のみ掲げられ、導入時期は曖昧にされた。軽減税率には、購買力の高い高額所得者ほど負担が軽減巨額の財源が必要、対象品目の選定が困難利権の温床となる恐れ、帳簿の複雑化など事業者負担が増大等の懸念。

【自動車関連税制】

○これまで高すぎた自動車関連税制は、抜本的に見直して引き下げる方針であったはずだが、政府・自民党は、自動車の実質増税案という真逆の方針を打ち出した。これでは、消費税引上げの影響緩和対策にもならず、景気への影響も懸念される

【復興特別法人税前倒し廃止】

○復興特別法人税前倒し廃止は、被災者も負担する所得増税を維持したまま、黒字法人のみ負担を軽減するもの。復興を国・国民全体で支える絆、連帯の精神に反する。

<民主党の主張>

【逆進性対策】

○逆進性対策は中低所得者に実効ある措置を必ず導入すべきだ。値がはる物を買える人まで軽減する「品目別」の軽減税率より、必要な所得層に限り「世帯別」の軽減を行う「税戻し」(給付付き税額控除=(「簡素な給付」措置を参考に)納税世帯には税を戻し、非課税世帯には給付を実施)の導入をめざすべきだ。

【自動車関連税制】

○自動車は、高嶺の花だった頃のまま、何重にも税が課されているが、今や地方ほど生活に欠くことができず保有台数も多い。そこで民主党政権では、負担軽減等を行ってきた。○民主党政権下での方針通り、自動車取得税は廃止し、重量税等は、簡素化・負担軽減・グリーン化の観点から、抜本的に見直すべきだ。

【復興特別法人税前倒し廃止】

○絆の精神を大切にし、復興特別法人税は維持し、財源は復興加速化に注ぎ込むべきだ。

 

※尚、特に要望を頂いていて委員会等で主張をした租税特別措置は以下の通りとなりました。

●農林漁業A重油の免税・還付処置の適用期限 3年延長。
●肉用牛売却課税特例処置の適用期限 3年延長。
●JR九州・四国・北海道の法人事業税の特例処置 5年延長。
●航空機燃料税の特例処置の適用期限 3年延長。

 

 

◎上記、継続審議案件と26年度税制については予算案と共に、1月に召集される通常国会で審議されます。

JR北海道問題について11月28日(木)国土交通委員会で質問に立ちます。

2013年11月25日

 

11月28日(木)の国土交通委員会において11:30から40分間 質問に立ちます。

 

・案件「国土の整備・交通政策の推進等に関する調査」

   (JR北海道問題:JR北海道経営陣参考人招致)

 

 

 

 

なお、国土交通委員会の様子は、参議院のインターネット中継でご覧いただけます。

「参議院 インターネット審議中継」

http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

 

 

 

 

 
train_a15

国土交通委員会《11月19日(火)》で「タクシー適正化・活性化特措法(議員立法)」について民主党を代表して質問いたします!

2013年11月15日

 

11月19日(火)10時10分頃より50分間

国土交通委員会で「タクシー適正化・活性化特措法改正案(議員立法)」について、

民主党・新緑風会を代表して質問に立つことになりました。

 

今回の改正については、タクシー事業の行き過ぎた規制緩和を正すため、

議員立法として民主党政権時から自民・公明両党と協議を重ねてきました。

 

事業者・運転者・利用者のすべての方々にとって

メリットが大きくなるよう、発議者・国交省等に質問をする予定です。

 

なお、国土交通委員会の様子は、参議院のインターネット中継でご覧いただけます。

「参議院 インターネット審議中継」

http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

 
 
 

taxi_a07

『航空連合NEWS』に国土交通委員会での発言が掲載されました。

2013年11月15日

131115航空連合news

災害対策特別委員会《11月13日(水)》の質問に立ち政府を質します!

2013年11月11日

 

11月13日(水)14時10分頃より災害対策特別委員会で一般質問に立つことが決まりました。

 

我が国の災害対策に係る予算状況や、

九州北部豪雨被害に対する復旧状況と今後の対策などについて、

内閣府及び国交省を質す予定です。

 

なお、災害対策特別委員会の様子は参議院のインターネット中継でご覧いただけます。

「参議院インターネット審議中継」

http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

 

 

 

 

平成24年7月の九州北部豪雨   

 

130714九州北部豪雨3

 

 

 

130714九州北部豪雨

130714九州北部豪雨2

 

 

 

 

国土交通委員会《11月5日(火)》の質問に立ちます!

2013年10月31日

 
11月5日(火)11時20分頃より

国土交通委員会で大臣所信に対する質問に立つことが決まりました。

 

昨年起きた九州北部豪雨などの災害復旧に向けた取り組み強化や
航空保安体制などについて、太田国交大臣はじめ、国交省に質す予定です。

 

 

なお、委員会の様子は、参議院のインターネット中継でご覧いただけます。

 

「参議院 インターネット審議中継」

http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

 

臨時国会で代表質問に立つことが決定!

2013年10月15日

 

10月18日15:10前後より

安倍首相の所信表明演説に対しての

代表質問に立つことが決まりました。

 

民主党からは17日に郡司彰議員会長、

18日は西村まさみ議員、そして私の3名です。

 

安倍政権の金融緩和政策と成長戦略および

地域主権などについて、厳しく質す予定です。

 

 

なお、NHKがテレビ中継をいたします。

 

本会議の様子は、参議院のインターネット中継でもご覧いただけます。

あわせてご確認ください。

 

「参議院 インターネット審議中継」

http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

 

参議院所属委員会・党役職が決定しました。

2013年09月25日

 

 所属委員会

  国土交通委員会

  議員運営委員会

  災害対策特別委員会

 

 党

  国会対策副委員長

インタビュー記事が掲載されました

2013年09月09日

 

福岡への提言
ひと・暮らし・地方が原点
地方が押し上げていく経済へ

民主党 野田 国義 参議院議員

107万5,979歩で高まった危機感

7月4日公示、同21日投開票という日程で行なわれた参院選・福岡選挙区(定数2)で34万8,250票を獲得し、国政復帰を果たした野田国義氏。4期16年務めた八女市長の経験を活かし、地方の声を国政に届けるべく、掲げたスローガンは「ひと・暮らし・地方が原点。」であった。

「本当の意味での地域主権、そして道州制の実現を目指す」という野田氏は、『元八女市長』という原点に立ち返った。キャンペーン「歩くノダ!! 聞くノダ!! くによしの60万歩」を4月28日に開始。安倍政権の経済政策「アベノミクス」について、「いつか来た道」と警鐘を鳴らす野田氏は、自分の目と耳で福岡県各地域の実態を確認した。

1日1万歩、歩いて回る。睡眠時間は平均約5時間。もちろん休みはない。当初掲げた60万歩は目標を6月14日に達成。選挙戦の最終日までで通算107万5,979歩を数えた。自ら課した過酷なスケジュールだが、そこで暮らす人々の声を聞く度に「アベノミクスは地方切り捨ての政策」との確信は深まっていった。「行く先々で9割以上の方が『実感がない』と仰っておられました。アベノミクスは中央の資産家・富裕層の経済政策です。食料費は値上げしており、給料・年金が上がらなければ生活は厳しくなります」(野田氏)。

国・九州府・市町村の簡素な行政へ

今回の参院選で野田氏は、①自立・共生の社会づくりと男女共同参画の推進。②ムダな公共事業ではなく医療・介護・年金など社会保障への投資と、環境・農林水産・ものづくりを中心とした成長戦略。③富裕層・資産家、一部の大企業が恩恵を受けるのではなく、生活者・納税者・消費者・働く者に軸足をおいた政治。④社会全体による子育て支援、自ら生き抜く力を身につける教育の充実、現場重視のいじめ・体罰対策。⑤自然・再生エネルギー導入の推進と2030年代の原発稼働ゼロ。⑥穏健な保守から中道リベラルを包み込む国民政党の一員としての平和維持などを訴えた。

また、政治活動の新たなステージとなる参議院については、「かつて『良識の府』と言われた参議院が今、『政争の府』『衆議院のカーボンコピー』になっています。選挙区の定数訴訟で、違憲あるいは違憲状態とする判決が次々と出されていますが、衆参の役割分担も含めて変えて、昔のような『良識の府・参議院』を復活すべきです」という。

また、党の今後について、「私は運良く半年で国会に返り咲くことができました。皆さんに感謝です。しかし、昨年暮れの衆議院選挙で落選し浪人している仲間、先の参議院選挙で落選した民主党の多くの前議員が1日も早く復帰出来るように全身全霊を傾け、頑張って参ります」と、決意を語る。

「九州府となれば、オランダ一国と同じくらいの経済規模になります。将来的にはなるべく簡素な行政にして、国・九州府・市町村というようなかたちが良いと思います」と語る野田氏。目指すのは、「国に何度もおうかがいをたてずに済む、地方が押し上げていく経済」だ。    (山下 康太)

参議選後の臨時国会が開会され登院しました。

2013年08月02日

 

第184臨時国会が開会され参議院に登院いたしました。

 

議員会館の部屋が323号室に決まりました。

 

お気軽にお立ち寄りいただきますようよろしく お願いいたします。

 

議事堂全容

議員室番号

野田くによし、参議院選挙で初当選!

2013年07月23日

野田くによしは、参議院選挙福岡選挙区で
34万8,250票をいただき初当選させて
いただくことが出来ました。

 

非常に厳しい状況の中、皆様に多くのご支援、
ご声援いただき、ここまで来ることが出来ました。
皆様の支え無くしては、乗り越えられなかった戦いでした。
本当に感謝申し上げます。

 

これからが本番です。様々な課題に向け、全身全霊
働いてまいります!本当に有難うございました!

 

130723_01

 

130723_02

 

野田くによし候補 7月20日(土)活動スケジュール

2013年07月20日

8:00~12:00 遊説 福岡市博多区~東区

130720東区遊説 130720東区街宣

 

 

 

 

 

 

 

 

12:30~15:30 歩行遊説 ソラリア~警固神社~西鉄グランドホテル前~天神付近(福岡市中央区天神)

1307202区歩行2 1307202区歩行3 1307202区歩行4

 

 

 

15:30~18:20 遊説 福岡市西区~福岡市早良区

 

18:20~    街頭演説 西新プラリバ前(福岡市早良区西新)

応援弁士 桜井充政策調査会長

130720プラリバ2 130720プラリバ1

 

 

 

 

 

 

 

 

19:00~    街頭演説 博多駅博多口(福岡市博多区)

応援弁士 桜井充政策調査会長

 

※スケジュールに関しては急遽変更する場合があります。

野田くによし候補 7月19日(金)活動スケジュール

2013年07月19日

7:00~8:30 街頭活動 薬院駅(福岡市中央区薬院)

 

8:30~12:30 遊説 福岡市中央区~南区

130719 2区遊説130719法務局前

 

 

 

 

 

 

 

 

12:30~15:00 遊説 福岡市西区~福岡市早良区

130719 3区遊説 130719 3区遊説2

 

 

 

 

 

 

 

15:00~16:00 街頭演説 天神パルコ前(福岡市中央区天神)

応援弁士 海江田万里代表

130719天神パルコ1 130719天神パルコ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

16:00~19:00 歩行遊説 川端商店街、博多駅、吉塚駅

130719川端商店街

 

 

 

 

 

 

 

19:00~    個人演説会 福岡県中小企業振興センター(福岡市博多区吉塚本町9-15)

 

※スケジュールに関しては急遽変更する場合があります

民主党本部 福岡来援予定(7/20桜井充政調会長)

2013年07月18日

桜井充政策調査会長

桜井充顔写真

 

 

 

 

 

 

7月20日(土)

18:20 街頭演説 西新プラリバ前(福岡市早良区)

19:00 街頭演説 博多駅博多口(福岡市博多区)

野田くによし出発式での訴え(動画)

2013年07月13日

7/4(木)大牟田出発式の様子

 皆さんからお預かりした血税、税金を、人、命のために使う。当たり前のことであります。しかしながら、自民党政権に戻って、また古い、コンクリート政治に戻ったではありませんか。社会保障が今、横に置かれたような状況になっております。医療、介護、福祉、年金について全く語られなくなってきておるということなんです。
 われわれは是非ともこの社会保障改革を、構築をしっかりとやっていかなくては、皆さんが安心して住める日本にはならないいうことなんです。
 民主党政権の時に地域主権改革をしっかりとやってきた。ひも付き補助金も無くしてきた。しかしながら、また中央集権に戻ってきたではありませんか。
 私は4期16年間の市長経験を生かして、しっかりと地方が主役の仕組みを作ってまいりたい。福岡県民の皆様方が野田くによしの支援をしていただく。心から、心から、野田くによし。国をよくする野田くによし。ご声援を、最後の最後まで、お願いを申し上げまして、決意表明と致します。皆さん一緒にがんばりましょう。よろしくお願いいたします。
 日本の国の利益にならないということは、日本の国民の利益にならないということをしっかり指摘していかなければいけないと思います。

野田くによしの訴え(動画)

2013年06月30日

是非ご視聴をお願いします。

 

歩くノダ! 聞くノダ! 達成60万歩! これからも歩くノダ!

2013年06月14日

 

 

4月28日に八女からスタートした「歩くノダ! 聞くノダ! くによしの60万歩」も  48日目の6月14日に無事達成することができました。  ご支援・ご協力、大変多くのご意見ありがとうございました。

 

達成のご報告として「歩くノダ! 聞くノダ! 達成60万歩! これからも歩くノダ!」を  事務所~博多駅博多口でいたしました。  これからも、歩き、聞き続けるために皆様の力をお貸しください。

 

日時:6月14日(金) 17:00~

場所:野田くによし事務所~博多駅博多口 西日本シティ銀行前

60万歩

博多駅

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歩くノダ

 

参議院福岡選挙区候補者・野田国義に決定

2013年03月17日

 

sangin

3月16日に開票が行われた民主党

福岡県連の予備選挙にて

野田国義がこの夏の参議院の

福岡選挙区の候補者に決定いたしました。

 

ご支援、ご投票をいただきました皆様に心より御礼を申し上げます。

 

この福岡から政権交代可能な政党としての民主党再生のため粉骨砕身

努めてまいります。

 

参議院福岡選挙区予備選 ご投票のお願い

2013年02月28日

pressm

私、野田国義は、本年夏の「参議院選挙福岡選挙区」における

民主党福岡県連の公認候補者の公募に応じることを

決意いたしました。

 

その理由は2つ、「党の再生」 と「地域主権の実現」です。

 

 

昨年暮の総選挙で、民主党は歴史的な敗北を

喫しました。

それまでの政権運営に厳しい審判をいただいたものと受け止め、真摯に反省を致しております。

しかし、一方で、二大政党の一翼を担う政治集団として、健全な議会制

民主主義を守り抜くため、「党の再生」を図る義務があることも事実です。

 

政治のひとつの役割は多様な「選択」の機会を提示することです。

 

国民の生活より利権を優先し、アメリカ型の弱肉強食の社会を目指す自民党

政治を容認することは、「土建国家」の再来を招くと同時に、次代の子ども

たちに負担だけを押しつけることを意味しています。それを食い止めることが

できるのは民主党だけなのです。

 

野田国義は八女市長として4期16年間、そして衆議院議員として3年の

経験を積んで参りました。「地域主権」という時代の要請に応えるために、

地方議員と手を携えて、党員・サポーターをはじめ、一人でも多くの県民の

皆様に「再生民主党」の姿をお見せして参ります。

 

この福岡から、「民主党の新たな第一歩を刻みたい」―それが私の思いです。

 

そのためには予備選で党員・サポーターの皆様のお力が必要です。

民主党福岡県連から封書で送られてくる公認候補の投票ハガキに

野田くによしの応募者番号の「 1 」とお書きいただき

3月13日(水)必着で県連へご返送いただきますよう伏してお願い致します。

 

参議院福岡選挙区候補者公募公開討論会のお知らせ

2013年02月26日

 

第23回参議院議員通常選挙
福岡選挙区 民主党公認候補者公募への応募者による
公開討論会を開催します。

 

野田くによしも討論に参加致します。

 

事前申し込みなどは不要ですので、ふるって
ご出席下さい。

 

【平成25年3月2日 (土)】
■13:00 ホテルニュープラザ久留米
久留米市六門町16-1 電話0942-33-0010

 

■16:00 博多都ホテル
福岡市博多区博多駅2-1-1 電話092-441-3111

 

【平成25年3月3日(日)】
■13:00 イイヅカコスモスコモン
飯塚市飯塚14-66 電話0948-21-0505

 

■16:00 ステーションホテル小倉
北九州市小倉北区浅野1-1-1 電話093-541-7111

 

問い合わせ
民主党福岡県連事務局(092-632-0964)

ホームページをリニューアルいたしました

2012年11月27日

ホームページをリニューアルいたしました

2 / 212

ページ上部へ