野田くによしの活動

★活動報告 3/20国土交通委員会で質問しました

 

国交委員会で質問しました。審議途中の来年度予算をベースに、各委員会へ審査が委嘱されて行うものです。民泊問題や無電柱化の取り組みを重点的に取り上げ、大臣にも質問しています。

民泊新法での営業届け出が始まって1年が経ちます。届出数は1万3千件、利用者は200万人を超えているそうですが、「ヤミ民泊」問題や近隣トラブルなどへの対策も重要です。

また、国が打ち出した、2020年までに、1,400Kmの無電柱化への取り組みも、市長時代の経験を交えて、現場の市町村への更なる支援を要望させて頂きました。是非とも実効性のある施策として、しっかり取り組んで頂きたいと思います!

【主な質問項目】
1.民泊(住宅宿泊事業)について
イ.民泊新法での営業届け出が始まって1年が経ち、その現状と課題。
ロ.ヤミ民泊対策
ハ.自治体によっては、条例(上乗せ)制定が相次いだが、ゴミ出し、
  騒音、トラブル、事件等、近隣への迷惑行為の現状。

2.無電柱化推進について
イ.平成28年12月施行後の進捗状況
ロ.約1,400Kmの無電柱化の目標達成と290億円の交付金、建設コスト
ハ.国民の理解、関心度について

参議院審議中継
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/detail.php…

◎質問情報 3/20国土交通委員会で質問します

3月20日(水)参議院国土交通委員会で質問します。

予定時刻 10:20~11:00 まで。

内容は、予算委員会からの委嘱審査です。
範囲は、国土交通省所管の事項について、
大臣や担当官等に質問致します。

インターネット中継もございますのでぜひご覧下さい。

(参議院インターネット審議中継)
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

★活動報告 3/12国土交通委員会で質問しました

国交委員会で質問致しました。冒頭、東日本大震災から8年の月日が経ち、震災によって亡くなられた方々と御遺族に対しまして、私からも深く哀悼の意を述べさせて頂きました。

質疑は、国交大臣所信に対するものでありますので、いわゆる国交省が所管する全てが対象となります。国民生活に直結する問題や、将来に渡って国民に大きな費用負担を税金で求める問題点が危惧されますので、新規のインフラや不要不急などに限られた予算が流されていかないような着眼点を国民目線で持ちながら質問しております。

例えば、31年度予算案で、国交省は一般会計に約6.8兆円を要求しております。政府は、消費増税を見据えた平準化対策で「防災・減災・国土強靱化対策」として、施策全体では1.3475兆円を積算していますが、その臨時・特別の措置として、国交省部分としましては、その半分以上の7,153億円の投入が予定されています。

一方、地元からも利便性が期待される、下関北九州道路など、地元協議の方向性が出されましたので、これから国がどう対応していくのかも伺っております。他にも、多岐にわたる質問を行っておりますので、是非動画でもご覧下さい。

【主な質問項目】
1.レオパレス問題について、発生原因や国の対応など。
2.基幹統計について、一連の問題の大臣所見や国交省統計での問題点。
3.国交省関連の来年度予算について、公共事業費大幅増の理由や維持管理費の増大。
4.旧耐震基準のままの大型建築物について、国の施策。
5.下関北九州道路について、今後の国の対応。

参議院審議中継
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/detail.php…

◎質問情報 3/12国土交通委員会で質問します

3月12日(火)参議院国土交通委員会で質問します。

予定時刻 10:20~10:45 まで。

内容は、国土交通大臣の所信に対する質疑です。
国交省の所管事項、国政の諸課題について、
大臣や担当官等に質問致します。

インターネット中継もございますのでぜひご覧下さい。

(参議院インターネット審議中継)http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

☆国政レポート 2019年 春季号 立憲民主 -号外-

人・くらし・地方が原点。

参議院議員
野田 国義(のだ くによし)

【福岡県選挙区】



 主な内容 

毎月勤労統計「不正統計問題」
政府・安倍総理と対峙する!!

 国民生活に直結している国の保険給付金が低く計算され、不足分が未払いでした。 対象となるのは、 現在、 「雇用保険」 ・ 「労災保険」 ・ 「船員保険」 ・ 「事業主向け助成金」 のいずれかを受給しておられる方、 また、 2004 年以降で過去受給を
受けた方です。
政府の発表では、 約 2,015 万人分、約 600 億円が支払われておりません。これから、 国は新たに約 200 億円の事務費をかけて支払うと発表しています。
「不正統計」 国会で活躍する野田くによし氏が問題の核心に迫ります。

 


 

 

野田国義 ■プロフィール■  

1958(昭和33)年生まれ。福岡県立福島高校卒業。日本大学法学部卒業。代議士秘書を経て、34歳で八女市長に初当選。全国最年少市長(当時)として全国の話題を集め、「改革派・市民派市長」として“オープン・フェア・クリーン”の政治姿勢で4期16年市長職を務める。2009年衆議院議員に初当選(3年3ヶ月)、農林水産委員会理事、党福岡県連代表。2013年参院選福岡選挙区で初当選し、国土交通委員長、予算委員会理事、議院運営委員会委員、総務委員会委員、消費者問題特別委員会理事、災害対策特別委員会理事、国の統治機構に関する調査会理事、地方制度調査会委員。議員連盟の活動では、お茶振興議連事務局長、花き産業振興議連事務局長、都市農業推進議連幹事長等を歴任。現在、立憲民主党、国土交通委員。


いろいろなご要望やお困りのこと、 国会見学をご希望の方はご遠慮なく下記へご連絡下さい!

【福岡】
〒812‐0013
福岡県博多区博多駅東 2-4-6
福泉第一ビル 6階

Tel :092-436-4580
Fax:092-436-4590

【筑後】
〒834‐0031
福岡県八女市本町 2-8

Tel :0943-24-4630
Fax:0943-24-4631

【国会】
〒100‐8962
東京都千代田区永田町 2-1-1
参議院議員会館 323 号

Tel :03-6550-0323
Fax:03-6551-0323

☆国政レポート 2019年 早春号 立憲民主 -号外-

人・くらし・地方が原点。

参議院議員
野田 国義(のだ くによし)

【福岡県選挙区】



 主な内容 

  • リード まっとうな政治を取り戻す!!
  • 草の根からの民主主義

PDF版は、こちらから。国政レポート 早春号 立憲民主 号外 


 

野田くによし氏 福岡県選挙区
参院選公認候補予定者に!
まっとうな政治を取り戻す!!

 

 国政では、“一強他弱”の状態が長期化し、安倍政治の横暴によって、強引な政権運営での不十分な審議や不祥事の多発、さらに隠ぺいまでもが、平気でまかり通っています。
 一方、経済においても、今年1月の時点で〈戦後最長〉となった高景気の恩恵は、はたして国民一人一人に享受されているのでしょうか。アベノミクスによって、暮らしぶりは本当に豊かになっているのでしょうか、大変疑問に思います。 
 これらを打破するため、いよいよ立憲民主党は、今夏の第25回参議院議員選挙・『福岡県選挙区』候補予定者に野田国義氏を指名しました。本紙面にて、その政策や活動ぶりを紹介します。

 


偽りの政治をチェンジ!


草の根からの民主主義

◯人への投資

くらしの安心こそが社会の好循環

政旧来の公共事業中心の政策から、人への投資に政策を誘導し、「子育て・しごと・くらし」を持続可能で安心な社会保障制度の下で充実させたいと考えます。安定した年金が見込まれ、医療・介護・教育などが連携することによって、地域包括ケアシステムを拡充し、地域の「支え合いを支える」仕組みと「くらしの安心」を構築します。

“☆国政レポート 2019年 早春号 立憲民主 -号外-” の続きを読む

★活動報告 2/6予算委員会で質問しました

予算委員会で質疑に立ちました。朝からNHKの生中継も入りましたが、前出の質疑者への政府答弁、閣僚答弁が不十分で、約1時間半くらいは遅れたのではないでしょうか。

安倍総理が出席しておりますので、まずはリーダーシップ論、憲法改正を、そして昨年、わずかな審議で廃止された「種子法」による国内の影響を質しました。

最も、政府の統計不正に関しては、官僚の過ちはどこまでなのか。そこに政治の圧力はなかったのか。国民の景況感は政府に伝わっているのかも質しております。

さらには、約5年間で9兆円も予算を要している、今の「地方創生」で、本当に、人口減少、東京圏一極集中を是正できるのでしょうか。まだまだ核心に迫らなければなりません。

主な質問項目
●リーダーシップ論について
●憲法改正について
●種子法廃止について
●「毎月勤労統計」不正問題について
●国民の景況感について
●地方創生について

参議院審議中継
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/detail.php…