• TOP  >  
  • 月別アーカイブ: 2016年3月

活動報告

本会議で反対討論に立ちました! 平成28年度予算案

2016年03月29日

3月29日 、参議院本会議において、「平成28年度当初予算案」に対し、会派を代表して反対討論をおこないました。

DSC_0049 - コピー

 

アベノミクスの旧・3本の矢が打ち出されてから、はや3年以上が経過しましたが、その成果は大きな疑問を呈さざるを得ません。

 

まず、第1の矢である金融緩和を続けても、物価上昇率はいまだ目標の2%には遠く及ばず、第2の矢である財政出動は、一時的に需要を拡大するのみで、むしろ不要不急な公共事業の温存といった弊害をもたらしています。第3の矢である成長戦略に至っては、具体性や実効性に乏しく、昨年10月から12月期の実質成長率は再びマイナスに陥るなど、成長力向上の兆しは全く見られません。

 

その上、実質賃金は平成24年以降、4年連続で減少しており、さらに、平成26年4月におこなった、5%から8%への消費税の増税により、あきらかに国民の消費は落ち込み、我が国の景気回復は遅れております。

 

これらのことからアベノミクスは事実上、既に失敗に終わったのではないでしょうか。

 

今こそ『入るを量りて、出ずるを制す』 財政の基本的な心構えが必要です!

 

DSC_5422

 

反対の第1の理由は、格差拡大を放置した予算である点です。

反対の第2の理由は、新たな3本の矢である政府目標と、実現のための手段が具体性を欠き、掛け声倒れになっている点です。

反対の第3の理由は、政府が国民との約束を反故にしている点です。

反対の第4の理由は、財政規律を軽視した予算となっている点です。

 

子ども、教育、雇用、男女間に、分厚く高い格差の壁がそびえ立っています。

 

私たちは、一人ひとりがかけがえのない個人として尊重され、多様性を認めつつ互いに支え合い、すべての人に居場所と出番がある、強くてしなやかな共に生きる社会をつくることをお誓い申し上げます。

 

□会議の様子は、参議院のインターネット中継でご覧いただけます。

⇒ 「参議院インターネット審議中継」

『航空連合NEWS』に掲載されました。

2016年03月28日

20160517091513093

『国土交通委員会』で質問に立ちました。

2016年03月23日

3月23日、参議院国土交通委員会において、石井大臣はじめ国土交通省に対して、限られた時間ではありましたが、奇しくも民主党議員として最後の機会を得て、要望も含め質問を行なった次第です。なお、3月15日の、参議院予算委員会に続き、甘利前大臣元秘書によるUR補償交渉の関与についても質問をおこないました。

 

IMG_7566

 

 

 

主な質問項目

○甘利前大臣元秘書による「UR補償交渉」への関与について 

○[ライドシェア]関連について 

○九州の[空港の現状]と[空港保安業務]について   

○「クルーズ船」関連について  

 

 

□会議の様子は、参議院のインターネット中継でご覧いただけます。

⇒ 「参議院インターネット審議中継」

 

◎甘利前大臣元秘書による「UR補償交渉」への関与について

【野田国義の発言内容(要旨)】

●(現状認識) 過日の予算委員会では、菅官房長官も「今後ともしっかり説明責任というものを果たしてくれるものと考えております。」(発言抜粋)と答弁がありましたが、(URを所管する)石井国土交通大臣に、この件は、そもそもどういった問題があって、大臣はどう説明をされるのか。

 

●(補償金をめぐる問題 1) 補償金がつり上がったのでしょうか、甘利事務所が関与したことによって。そして、甘利大臣の秘書が同席しているのではないか。

 

●(補償金をめぐる問題 2) 12回に及ぶ面談記録など、何とか黒塗りを消していただけないか。プライバシーに関係すること、あるいは補償の交渉中でもある。そして検察から聴取を受けている。とのことであって、なかなかこの黒塗りを消していただけないが。

 

●(情報開示) これ以上の情報公開はしないということでありますけれども、理事長の判断で随分と、これもっと情報公開しようという意思があればできるのではないかなと思っております。トップがそういう判断をしていただければ十分できるところがあると思う。それがまた国民あるいは議会に対しての説明責任にもつながると私は思いますけれども、しっかり今後ともやっていただきたいと思います。

 

●(会計検査院) 会計検査院が入ったと聞いておりますけれども、その(調査の)結果は出たのか。

 

●(現状確認) 予算委員会でも聞きましたけれども、国交省には検察の聞き取りはないということでありますけれども、URの方は今も(当局からの調査協力は)あるのか。

 

●(あっせん利得罪) 本当に絵に描いたようなあっせん収賄あるいは利得罪ではなかろうかと思います。ここでこのことが当てはまらなかったら何のためにこの法律を作ったのかということが国会にも問われるんではなかろうかなと、そういう思いを強く抱いている。

 

 

【国土交通大臣、UR、会計検査院の答弁(要旨)】

●(現状認識) □大臣 甘利前大臣自身が記者会見の中で引き続き調査を進め公表するというふうに語っていらっしゃいますので、私としても、今後ともしっかりと説明責任を果たしていかれるものと、このように思っております。

 

●(補償金をめぐる問題 1) □UR 甘利事務所からの働きかけにより補償金を上積みした、あるいは補償の考え方を変えたということはございません。

 

●(補償金をめぐる問題 2) □UR  独立行政法人等の保有する情報公開に関する法律の考え方に基づき情報開示を適切に行ってきたと考えております。

 

●(会計検査院) □会計検査院 会計検査院としましては、今後の検査において、国民の関心や国会での御議論も踏まえて、引き続き適切に検査を実施してまいりたいと考えております。

まだ最終的な結果には至っておりません。

 

●(現状確認) □UR 東京地検から、特捜部から協力要請がございまして、今現在最大限の御協力を申し上げているところでございます。

 

●(現状確認) □大臣 先般、三月十五日の参議院予算委員会において御質問をいただいたときには、国土交通省に対しては捜査当局からの調査はないというふうにお答えをいたしましたが、それ以降、捜査当局から国土交通省に対して協力の要請がございました。

 

 

◎[ライドシェア]関連について20160329163330424_0001

 

 

◎九州の[空港の現状]と[空港保安業務]について20160329163330424_0002

 

 

 

◎「クルーズ船」関連について20160329163330424_0003

『予算委員会』で質問に立ちました。

2016年03月15日

 

15日の参議院予算委員会に於いて、当委員会理事として質問に立ちました。一般質問という議題に則り、限られた時間ではありましたが官房長官・総務大臣・沖縄北方対策担当大臣・国土交通大臣といった4人の閣僚とURの理事長に対して質問をおこなった次第です。

 

IMG_7492

 

  •    ■主な質問項目
  •     ○甘利前大臣元秘書による「UR補償交渉」への関与について
  •     ○政治とカネ、大臣規範などについて
  •     ○島尻大臣「ラジオ放送」番組に関する掲載記事の内容について

 

 

●甘利前大臣・元秘書とUR補償問題
はじめに、甘利前大臣元秘書によるUR補償交渉の関与について、この問題に対して民主党では追及チームを衆議院で立ち上げ、私も参画していたことを申し上げました。特にチームの調査や衆議院での審議が進むにつれ、事の大きさは明白であり、大臣が調査途上の報告に終わった辞任会見時に述べていた内容が言葉通りならば、国民や国会に対して今後どのように説明するのか、内閣の要とされる菅官房長官に伺ったところ、「今後ともしっかり説明責任というものを果たしてくれるものと考えております。」(発言抜粋)と答弁がありましたが、我々としては証人喚問等を予算委員会を通じて要求しています。

 

IMG_7507

重ねて、今回の問題は、絵に描いたような“あっせん利得罪”あるいは“あっせん収賄罪”を唱えている方がいる中で、「国民の政治不信を更に深めてしまう」と警鐘を鳴らしました。
質疑の中で、国土交通大臣ならびにUR理事長も、大臣会見の話の中で登場した弁護士の存在の関知と接見有無などの事実は存在しないとしていましたが、唯一、URにいたっては2月半ば頃から東京地検の捜査協力要請に応じていたことを認めました。
是非とも安倍内閣として、そして自民党としてしっかりと国民に説明責任を果たしていただきたいと強く要望した次第です。

 

●大臣規範は有名無実化! 

政治資金パーティ 2年間で360回!!

次に、安倍内閣では、政府が閣議決定しているはずの大臣規範が全くもって無視されている現状を鑑みて、「国民の疑惑を招きかねない大規模なパーティーは自粛する」としているはずであり、「政務三役に適用されるのではないか」と高市総務大臣を質したところ、大臣は、安倍政権の閣僚ら政務三役が在任中に開いた政治資金パーティーの回数について、2013年に175回、14年に185回の開催があったと答弁しました。たった2年間だけでなんとその数は合計360回に上ります。

 

IMG_7509

 

もはや、大臣規範は有名無実化しています。規範の前文にある「国務大臣等の公職にある者としての清廉さを保持し、政治と行政への国民の信頼を確保する」との定めは破られているのが現実です。「なぜ規範ができたのか?原点に返るべきである!」と強く訴えた次第です。

 

 

 

 

●政治的な公平性を強く求める!
更に、ネット配信されている一部記事にもとづいて、島尻沖縄・北方対策担当大臣の地元沖縄でのFM放送出演をめぐり、放送番組代としてではなく番組自体を買い取ったのではないかと問い、その番組内容や出演者、支払い方法について、放送法、公職選挙法などの観点から、これらを所管する高市総務大臣へも政治的な公平性について質問を行いました。

 

いずれにせよ、発足して3年3ヵ月、徐々出てくる“おごり”が積み重って表面化し、これ以外にも、安倍政権の閣僚の失言、失態が続いています。
〈ひと・暮らし・地方が原点〉をスローガンに、あらゆる政治の諸課題に立ち向かい、当節の厳しい状況を必ずや打破し、今夏の参議院選挙の勝利をめざして全力で頑張って参ります。

 

□会議の様子は、参議院のインターネット中継でご覧いただけます。

⇒ 「参議院インターネット審議中継

ページ上部へ