• TOP  >  
  • 月別アーカイブ: 2014年6月

活動報告

議院運営委員長解任決議案賛成討論で壇上に立つ。

2014年06月20日

1-71
通常国会の実質最終日の6月20日夜、参議院 岩城議院運営委員長に対する民主党提出の解任決議案への賛成討論のため私は党を代表して本会議に立ちました。『特定秘密保護法』の関連法案で、政府が特定秘密を恣意的に指定しないよう国会に特定秘密を審査する監視機関「情報監視審査会」を設置する与党提出の議員立法『改正国会法案』の審議を議院運営委員会でたったの7時間で終了し、強行に委員会採決をして20日夕刻、法案を本会議に上程した岩城議運委員長に対し我が党はじめ野党は解任決議案を提出しました。

 

3

この改正国会法で、国会に「情報監視審査会」を置いても秘密情報を国会に提出するかは政府の判断にあり、また審査会の勧告に法的な強制がない等、お飾りな審査会に過ぎないと私は19日に行なわれた議院運営委員会での法案の上程反対討論に引き続き、本会議でも主張し、法案の見直しと、特別委員会での継続審議を強く求めました

2日間の議運委員会での質疑においては、法案提出者の与党議員は野党の質問に答えられず数十回速記が止めれられるなど醜い光景が続き、法案内容も欠陥だらけ、しかも十分に精査をしていない中での拙速な提出が露呈しました。私はこの点も壇上で強く糾弾をいたしました。
3
国民の知る権利や人権に関わる重大な法案を強引に成立させようとする安倍内閣の国会運営に義憤に燃えて檀上に立ちましたが数の力にはどうしても勝てません

その後の採決で解任案は否決され、上程された『改正国会法』は成立しました。与野党の合意形成などは微塵もなく、安倍政権の数の力で押し切る強引な国会運営が政権交代後続いています

 

更に今、国民や国会に十分に知らされないまま、集団的自衛権の憲法解釈のみでの閣議決定が行なわれようとしています。

我々国会議員は立憲主義に基づいた国家を守らなければなりません。その為にも、まずは議会運営において与野党間の合意形成を取り入れた真の議会制民主主義を取り戻し、国民の声が届く国会にしなければなりません。通常国会は閉会となりましたが、私は義憤に燃えてこれからも国会論戦に臨んで参ります!

 

 ●20日の本会議の様子は、

  参議院のインターネット中継でご覧いただけます。

  ⇒「参議院インターネット審議中継(6/20)

 ●19日の議院運営委員会での発言の全文はこちらからご覧いただけます。

  ⇒「議院運営委員会会議録(6/19)

 

『国土交通委員会』で今国会4回目の質問に立つ。

2014年06月17日

1
 

 6月17日、私は所属している国土交通委員会で「マンションの建替えの円滑化等に関する法律の一部を改正する法律案」について民主党を代表して今国会4回目の質問に立ちました。
国交委員会に於ける政府提出法案は今国会計11本できょうが最後の法案審議となりましたが私はそのうち3本の質問に立たせて頂きました。

 
2

 冒頭今国会で既に3回取り上げている「北陸新幹線談合問題」を取り上げ調査の進捗を質すとともに発注先の鉄道運輸機構と受注先業界との馴れ合いをなくし、2度と不正の起こらないよう大臣に強く求めました

 「改正マンション建替え円滑化法」は、南海トラフ大地震や首都直下地震等 巨大地震発生の恐れのある中、現在106万戸ある耐震性不足の老朽化マンションの建替えを急ぎ円滑に進める為マンションや敷地の売却を所有者や借家人の多数決で行うことを可能とするマンション敷地売却制度を新たに創設したり、容積率を緩和するなどの施策を盛り込んだ重要な法案です。
しかし一方で私が主張したのは高齢者や借家人の代替住宅や経費等に対する補償、及び売却価格や分配金などしっかりとした基準を示さなければ紛争にもなりかねないとした上で、政府に対して明確な基準とガイドラインの提示を求めました

 更に市長時代の経験から、170古くなった雇用促進住宅や公営住宅、更にUR賃貸住宅など我が国の住宅政策全体にも触れ、合計で約373万戸にのぼるこれらの住宅が有効活用できるよう、現状と課題及び今後の対策を質しました

 昭和31年に建ち現在も使用されている四谷にある日本初の高級分譲マンションを訪れてきました。施工と維持管理がしっかりしていれば長く使えるという見本です。「いいものを作ってきちんと手入れをして長く大切に使う」という意識を持つことが人口減少社会を迎えるにあたって、非常に重要な要素であることも訴えさ

せていただきました。法案は賛成多数で可決いたしました。今後とも住宅対策にはしっかりと取り組んでいきたいと考えています。

-主な質問項目-

 ○北陸新幹線談合問題について

 ○改正マンション建替え円滑化法案について

 ・雇用促進住宅・UR賃貸住宅の現状と今後の対策について

 ・総合的な住宅政策について

 ・制度のメリット・デメリット及び売却後の土地利用のニー
  ズについて

 ・借家人に対する措置について

 ・反対区分所有者に対して売渡し請求をする理由について

 ・紛争リスクを減らすための適切なガイドラインの策定につ
  いて

 ・容積率緩和特例の要件、制度の趣旨について

 ・良質なマンションを長く大切に使う必要性について

 ●国土交通委員会の様子は
  参議院のインターネット
  中継でご覧いただけます

       ⇓
参議院インターネット審議中継

 

 ●質問の全文および
  太田大臣・国土交通省の答弁は
  こちらからご覧いただけます。

       ⇓
  「国土交通委員会会議録

 
 
 
 

建替え概要図

 

「民主党 花き産業振興議員連盟」設立総会を開催。

2014年06月03日

1 私の地元福岡県は花きの産出額が約182億円(平成23年)で愛知県に次いで全国2位となっています。特に私の出身地である八女地方は菊やガーベラ等の県内の主産地です。私は民主党政権時、党政調の「果樹・野菜・園芸対策WT」の座長を務めていて、大変厳しい花き産業の現状から花きの支援対策を政府に求めていた経緯もあり、議員連盟を設立して花き支援をしていかなければならないと考えていました。今年4月から議連設立の準備に入り、本日6月3日「民主党 花き産業振興議員連盟」の設立総会を開催することができました

全国花き振興協議会6団体から14人の役員の皆様と、会期末を控え委員会の合間を縫って19人の議員と14人の代理の皆様に出席いただき、テーブルに“鉢花”を添えて、盛況の中、進行役を務めさせていただき、議連のスタートとなりました。喜びに耐えないと
                 ころです。

22 42
 

 国が生産目標や支援策などの基本方針を策定し
て都道府県が支援計画を定めることや、生産者の32経営安定・輸出促進・公共施設での花の活用と花き文化に対する施策などを盛り込んだ議員立法「花き振興法」が国会に提出されていますが、民主党としては、更に法案が実践的なものとなる様、市町村の取り組み・形態が多様な“花き”についての明確化や特性に応じた振興策・輸出の際のスムーズな検疫措置を盛り込んだ附帯決議を法案に追加して今国会の成立を目指すことと、花き産業の振興に議連活動を通して全力を尽くしていく
ことを出席議員一同、確認をいたしました
。 
                         各団体からは法案の成立と花きに対する支援の
52要望を頂きました。議連会長には羽田雄一郎参議院議員が就任し、幹事長に大島敦衆議、私は事務局長を務めることになりました
花きの売上高は13年連続で減少、ピーク時より3割の生産減で非常に厳しい状況が続いています。私は花き文化を広げていく為には、特に「花育」の普及を進めていかなければならないと考えています。更に花きに対する現在5億円と少ない国の予算の増額を求めるなど、花を鑑賞して心豊かな社会を実現するために今後とも全力を尽くして
                        参ります
111

 

ページ上部へ