• TOP  >  
  • 月別アーカイブ: 2013年11月

活動報告

『国土交通委員会』でJR北海道に対して安全輸送について質す!

2013年11月28日

 平成23年の脱線炎上事故以来事故が頻発しているJR北海道に対しては11月7日『参議院国土交通委員会』に於いて集中審議を行ったところですがその後、データ改ざんが発覚し、本日JR北海道の野島誠社長を参考人として招致して「鉄道運行の安全に関する件」として改めてJR北海道問題で国交委員会が開会され40分間の質問に立ちました。

1'''

 

下記の項目につきJR北海道を質し安全輸送を強く求めました。

―質問項目―

     ○野島社長の再生に向けた経営理念について

     ○石勝線事故後の対応について

     ○レール幅異常放置の原因と再発防止策について

     ○データ改ざんの事実関係と特別保安監査について

     ○JR北海道の厳しい経営状況と改善策について

     ○国の追加支援等について

     ○問題解決に向けた国交大臣の決意     等

 

3''  4''

 鉄道輸送はまさしく命を運んでいます。JR北海道だけではなく、日本の安全輸送が問われているのです。今一度社長始め社員全員が自覚と責任を強く持って安全輸送に全力を注いでもらわなければなりません。私は最後に、JR北海道の再生の為には内部の人間ではなく、外部の人間が大なたを振るい改革を行うことも一つの方法ではないかと提唱をいたしました。

4

 

 ●国土交通委員会の様子は参議院のインターネット中継でご覧いただけます。

  ⇒「参議院インターネット審議中継

 

 ●質問の全文およびJR北海道野島社長・太田国交大臣の答弁はこちらからご覧いただけます。

  ⇒「国土交通委員会会議録

東京湾の海上保安を視察―『国土交通委員会』―

2013年11月21日

11月21日(木)参議院『国土交通委員会』の視察がおこなわれ、参加をいたしました。

 

「海上保安庁東京海上保安部の海上保安業務に関する実情調査」として

雲ひとつなく晴れ渡った東京湾内で

私は国土交通委員会のメンバーとして、海上保安部の業務視察を行いました。

 

東京海上保安部で業務概要の説明を受けたのち、

巡視艇「はまなみ」に乗船し、訓練海域で救難訓練を視察、

船舶基地で日夜精勤している職員の皆さんを激励いたしました。

 

P1040352 P1040382

 

131122海上訓練 P1040455

 

海上保安部は国土交通省が所管していて、日夜 日本の海を守っています。

 

日本の海は11の管区で守られていて東京海上保安部は第3管区海上保安部に所属しています。

東京海上保安部は年間19,000隻の船舶(20t以上)が入港し、

4,000万人の首都圏を背後にする東京湾の航行安全・警備救難・海上犯罪の監視取締りなど、

重要な任務を担っています。

 

視察を通じて今後とも国土交通委員として海上保安体制に万全を期さなければならないと

肝に銘じた一日となりました!

 

20131122164614681_0001

 

 

タクシー事業者・運転者・利用者のための法案審議で
『国土交通委員会』の質問に立つ!

2013年11月19日

 過度な規制緩和によってタクシー事業者や運転者の皆さんは大変厳しい経営と労働条件に直面しています。需要と供給のバランスを図り、タクシーのサービス向上と安心利用のための
「タクシー事業適正化・活性化特措法改正案」が超党派の議員立法で国会に提出され、11月19日の『国土交通委員会』で審議となり、私は民主党を代表して以下の項目について50分間の質問に立ちました。

―質問項目―

    ○規制緩和の弊害と法案の意義について

    ○特定地域計画について

    ○協議会について

    ○運賃規制について(公正取引委員会と国交省の連携等)

    ○運転者に対する労働条件改善について

    ○白タク行為の取り締まりについて

    ○適正化事業実施機関について

 

CIMG2240 タクシー事業者の経営と運転者の皆さんの生活を守る為、そして利用者の利便の向上の為、民主党政権下で法律改正の要望を強く頂いて議論を重ね、ようやく3党合意の末、成立したこの法律が適正に施行される様、今後とも国土交通省や公正取引委員会など関係行政機関に目を光らせてまいります!
法案は国土交通委員会で賛成多数で可決され、11月20日の本会議で可決成立いたしました。

131119国交委員会1-2

131119国交委員会1-3


●国土交通委員会の様子は参議院のインターネット中継でご覧いただけます。

 ⇒「参議院インターネット審議中継

 

●質問の全文および発議者・国土交通省・公正取引委員会の答弁はこちらからご覧いただけます。
 ⇒「国土交通委員会会議録

『災害対策特別委員会』で質問に立ち政府を質す!

2013年11月13日

 『本会議』での代表質問(10月18日)、『国土交通委員会』での大臣所信に対する質問(11月5日)につづき、11月13日の『災害対策特別委員会』で質問に立ち政府を質しました。

 

131113災害特別2'

-久留米がすりのネクタイを絞め、地元に想いを馳せながら強く訴える-

 

 昨年7月の九州北部豪雨災害や国の防災予算を中心に質問をしましたが、特に私の地元でもある筑後
一帯と県内の昨年の災害誘因の究明と復旧の敏速化は勿論のこと、異常気象が多発する中で、全国危険箇所の事前調査と防止対策の強化、そして防災に対する国家予算の万全なる確保を強く訴えました!

今後とも、県民・国民の皆様の生命と生活を守る為に全力を尽くして参ります!

 

              ―質問項目―

  ○台風30号によるフィリピンの被害状況と日本からの救援活動について

  ○一極集中社会(極点社会)による過疎地と

   大都市における大規模災害リスクについて

  ○災害時における流木被害対策について

  ○地すべり危険個所の調査と防止対策について

  ○河川堤防危険箇所の調査と決壊対策について

  ○防災関係予算について

 

CIMG2210

 

    ●災害対策特別委員会の様子は参議院のインターネット中継でご覧いただけます。
     ⇒「参議院インターネット審議中継

 

    ●質問の全文および古屋防災担当大臣・関係省庁の答弁はこちらからご覧いただけます。
     ⇒「災害対策特別委員会会議録

 

『国土交通委員会』の質問に立つ!

2013年11月05日

 参議院議員となり、先日(10月18日)の『本会議』の代表質問に続き、『国土交通委員会』に於いて以下の項目について質問に立ちました。

              ―質問項目―

   ○太田国交大臣所信発言の『国土のグランドデザイン』について

   ○自民党政治資金団体の日本建設業連合会に対する献金依頼について

   ○公共事業の考え方について

   ○異常気象による災害への復旧体制について

   ○空港整備勘定について

   ○航空保安体制について

 

2083-1.32115-2.4

 今後も、国民・県民の代弁者として積極的に各質問に立ち、私の政治テーマである『ひと・暮らし・地方が原点。』の精神のもと、政府与党を追及していく覚悟です。
 
    ●国土交通委員会の様子は参議院のインターネット中継でご覧いただけます。
    ⇒「参議院インターネット審議中継
 
    ●質問の全文および太田大臣・国土交通省の答弁はこちらからご覧いただけます。
    ⇒「国土交通委員会会議録

 

ページ上部へ